就職試験対策で大事になる筆記試験について

Posted on

一般教養について勉強しておく

就職の採用試験で重要になるのは、面接と書類選考です。しかし、一定の学力があるのかを調査するために、筆記試験を導入している企業も多数あり、もし筆記試験で良い点数を取る事が出来なければ、面接の出来が良くても不採用になるケースがあります。そこで、筆記試験がある事を想定して、採用試験対策を行う事が必要です。筆記試験対策で重要になるのは、一般教養の勉強をする事です。一般教養の問題は出題されやすく、対策をしなければ筆記試験で高得点が取れない事態になります。

書店でも就職採用試験の筆記試験対策の問題集は多く販売しているので、購入して多くの問題を解いていきます。特に、言語力を問う問題や数式の問題は出題されやすく、高校卒業レベルの漢字や数式の知識は身に付けておきます。

時事問題も出題されやすい

採用試験の筆記試験は、一般教養だけが出題されるわけではないです。それ以外にも時事問題が出題されることがあり、最近ニュースで話題になった出来ごとについての問題が出題されるケースが多いです。時事問題に答えられるようにするためには、ニュース番組を頻繁に見ます。テレビをなかなか見る事が出来ない人は、スマホなどでニュース速報を見ます。毎日ニュースを見ることによって、時事問題に答えられる可能性が高くなります。

また、あなたが受ける企業に関係があるニュースは特に要チェックです。銀行の採用試験を受ける時には、金融関係のニュースは特に目を通しておく必要があります。

コーポレートサイトや通販サイトなどのスマホ対応やアプリ化などのニーズの高まりを受け、ネットワークエンジニアに対するニーズが高まっています。活躍のチャンスです。