工場でのアルバイトはどのような形で仕事をさせられるの?

Posted on

働き始めてしばらくは手伝いのような簡単な仕事に従事

工場でバイトする場合、具体的にどのような形で仕事をさせられることになるのでしょうか。まず、バイトとして入ってしばらくは、専門の持ち場を与えられないかもしれません。その場合、毎日違う場所へ行って手伝いのような形で仕事をしていくことになります。たとえば、バイトとして入った初日は検品の仕事、二日目は掃除、三日目は材料の運搬と整理といった風に変わっていくのです。

しかし、大抵の場合、二週間もすれば働く部署を固定されるでしょう。バイトに任せられる仕事は、危険だったり難しい内容の仕事である可能性は低いです。組み立て工場であれば当然ラインに入ることになりますが、最初のうちはラインの最後に位置して梱包をしたり、組み立てられたばかりの機械を布で拭いてきれいにしたりと、そういったものになるでしょう。

長く働くと信用され専門的な仕事を任せられることも

工場でバイトを始めて一年も経つとベテラン扱いされ、部署によっては正社員の仕事とほとんど変わらないような難しい仕事を任せられるかもしれません。また、バイトを取りまとめるリーダーという地位を与えられることもあります。働いている工場にもよりますが、正社員にならないかという打診をされることもあるので、もしそういったことを考えているのであればこの段階で気を抜かないように注意しましょう。一方、何年も工場でバイトしていても仕事の内容はずっと単純作業ということも珍しくありません。これはある意味仕方のないことであり、やりがいを得られないというのであれば退職して別の仕事を探すのも一つの方法といえます。

大阪の工場の求人募集をチェックするなら、阪神工業地帯や堺泉北臨海工業地帯など、工場が集まる地域がおススメです。規模が大きく、化学と薬品や鉄鋼関係など様々な業界が集まっているので、選択肢が多くなります。