工場で働きたいけどどんな種類があるのかわからない!選び方は

Posted on

工場の仕事には業種と職種がある

工場で働きたいと思っても、工場って何するの?という疑問をいだいている人も多いのではないでしょうか。工場によって作っている製品や扱っている工具、機械などが様々で、仕事内容が変わってきます。勤務時間や男女比率、コツコツ作業が好きな人、力自慢な人が得意な仕事など、自分が働きやすいものを選ばないといけません。
工場の仕事には、「業種」と「職種」があります。業種とは、何を作っている工場なのかをという意味があります。「電気」はテレビやパソコン、携帯電話などの電気製品を作る工場。細かい部品が多いので、コツコツと作業をします。「食品」は、お弁当やお菓子を製造、梱包・検査をする工場です。お菓子の美味しそうな匂いで、テンションが上がる人もいるでしょう。「自動車」は自動車、あるいは自動車部品の製造工程のライン作業になります。流れ作業なので、決められた時間にきっちりと仕事します。そういう意味では大変な仕事ですが、車が好きな人はやりがいを感じるでしょう。

工場の仕事は自分に合ったものを選ぼう

業種はどんな工場かを表しているのに対し、「職種」は仕事の内容を表しています。「検査」は製品や部品に傷やホコリがないか、不具合などをチェックします。「組み立て」はその名の通り、部品を組み立てて製品を完成させる仕事です。部品は大小あり、作るものも工場によって全く違います。「マシンオペレーター」は、機械を操作して作業する人のことです。操作する機械によっては、必要なスキルも変わってきます。
工場の業種や職種によって、工場で働く内容が大きく変わるでしょう。自分が働きやすい環境、やりがいを感じる仕事など、工場で長くストレスなく働くために、自分に合った仕事を選びましょう。

mantomanの求人情報なら