後悔しない就職活動にするためには求人へ応募する勇気を持ちましょう

Posted on

難易度の高い求人でも応募しましょう

学校を卒業後に入社する企業を決めるため、在学中から就職活動をスタートさせるのは一般的です。無事内定を獲得できれば良いですが、難航した場合や納得できる企業の求人が見つからなかった場合は、卒業後も就職活動を続けることになるでしょう。

就職活動を実施する場合に後悔しないためには、興味を持った企業には必ず応募することです。学歴や資格、特技などから自分には敷居の高い企業と判断してしまうと、興味はあったとしても求人に応募せずに終わることがあります。

しかし、応募すれば選考に参加することはできるので、採用されるチャンスは残っています。不採用になったとしても選考での反省を活かせば、次に応募する企業の内定率を高められます。

選考に参加する場合は全力を尽くす

応募する企業の規模や知名度に関係なく、就職活動で選考に参加する場合は全力を尽くすことが大切です。企業の人事担当者や面接官はたくさんの人材を見ているので、本気で入社する気持ちがあるのかどうかを見分けるプロです。

そのため、何となく求人に応募したり、記念で選考に参加したりなど、中途半端な動機の場合は書類選考や面接を突破できません。運良く内定が決まったとしても、最終的に辞退することになれば応募者と企業の双方にとってメリットがないです。

ですから、入社して働きたい企業の求人にだけ応募すべきですし、選考に参加する際は最高の志望動機や自己PRを作成しましょう。就職希望者向けに様々な業種や職種の求人が出ているので、1つや2つにこだわるよりは幅広く目を通すことをおすすめします。

施工管理の求人なら、一級土木施工管理技士が上手く使えて、現場監督などに精通したアドバイザーがいるところがおすすめです。